able design

BLOG

野菜に追われる

連日の猛暑で萎び気味の長野本社のO.N.です。
2連続で畑ネタで良いのか迷いましたが、この時期の旬のネタなのでお付き合いをいただければ...
 
私の住んでいるところは、農業が盛んな地域です。
長野県なのでりんごは言わずもがな、大なり小なり野菜か果物を作っている方は珍しくないです。そうするとこの時期はある贅沢な悩みに直面します。

そう、冷蔵庫の野菜室がパンパンになることです。

我が家の小さな畑で取れるトウモロコシ、ナス、キュウリ、インゲン。
玄関に置き去りのカボチャとスイカ(おそらく近所の方から)。
収穫時期が被るので連日キャベツをいただき、物理的無限キャベツになったりと面白いくらい野菜まみれです。例年であれば涼しいところに置いておくことができたのですが、この猛暑で涼しいところなどなく(泣)


野菜室を見つめて、農家さん直伝の大量消費料理番組があればインパクトがあって面白そう...なんて現実逃避。
先生「本日は、朝採れ新鮮キュウリ10本と他の野菜の下敷きになり気づいたらしなしなになっていたキュウリ10本の、計20本のキュウリを使っていきます。」
アシスタント「キュウリは多くとれる野菜の代表格ですね!」
先生「はい、しなしなキュウリは火を入れて作る漬物に。」
アシスタント「火を入れるとカサが減りますね!」
先生「はい、そして3本ずつ、塩と梅味の浅漬けに。」
アシスタント「漬物ばっかりですね!」
先生「はい、2本をみそ汁に。」
アシスタント「塩分過多ですね!」
先生「はい、では余った2本はおやつに今食べます。」

みたいな...。

皆様も暑さにお気を付けてお過ごしください。

お問い合わせ・お見積り
お気軽にお問い合わせください
信州 Sustainable通信
プライバシーマーク サステナビリティ経営 PELP!

脱炭素へのアクション

2021年10月15日より、エイブルデザイン本社(長野市)が使用するすべての電力を
100%再生可能エネルギー由来の電力に変更しました。

© ABLE DESIGN,INC.