Blog

ブログ

HOME > Blog > "オンライン"のオンパレード

2020
07.03

"オンライン"のオンパレード

東京支社の W.Y.です。


新型コロナウイルス感染による緊急事態宣言の発令を受け、当社でも東京支社とAICSでは急遽、社員の在宅勤務を実行することになりました。


私も急用があり東京から長野に戻ってきたので、2週間は在宅勤務となりました。
5月25日には全国で解除になりましたが、ここ連日、東京都の感染者数が100名を超え始め、とても終息に向かっているという状態ではなさそうで、東京支社では現在も在宅ワークを取り入れた働き方シフトを継続しています。

緊急事態宣言中に、みんなで色々な意見やアイデアを出し合って実践した新しい働き方(ルール)や、オンラインを活用した社内外とのコミニュケーションのなかで見えてきた『働き方改革』のヒントも沢山ありました。
実践したものだけでも、オンラインミーティング、オンライン会議、オンライン面談、オンライン研修、オンラインオリエン、オンラインセミナー、オンライン飲み会などなど...。" オンライン " のオンパレード!
その他にも、オンライン授業やオンライン商談、オンライン決済、オンラインサロン、オンラインLIVE、オンライン歌舞伎(図夢歌舞伎)等、新機軸のサービスや新たな価値観の提案がどんどん出てきました。様々なアイデアで「イノベーション」の成果が増幅しているのです。

誰もが経験したことがない、この緊急事態への対応と課題解決。
後ろ向きに捉えず、今までやった事がなかった新しい試みを、とにかく何でもやってみよう❗という事で、コミュニケーション不足も大きな課題と捉え、先日、東京支社で "オンラインミーティング" からの "オンライン飲み会" をやってみました。
オンライン飲み会のデメリットもしっかりHさんが調査し、時間が来たらリモートが切れる設定でスタート。
全員自宅からの参加なので、前半のミーティングから缶ビールや缶酎ハイ片手に、自由な意見交換。
後半は仕事の話抜きの飲み会!だったのですが、あっという間に時間切れ...。
何か物足りなさも感じましたが、意外にゆったりとした気持ちでみんなの話が聞けて良かったと思いました。
後日行われたデザイン団体関係者との "オンライン交流会" も自粛期間中のプライベートな話がたくさん聞けて、とても有意義な会でした。

今後もテレワークを中心とした新しい働き方へのシフトが不可欠となっていくのでしょうが、
オンラインでの繋がりだけでは解決できない課題も沢山あるので、
自らが主体的に考え、新しい働き方をデザインする時代に入ったのだという事を自覚し、
前向きに行動していきたいと思います。