Blog

ブログ

HOME > Blog > 天体観測

2020
09.11

天体観測

長野本社デザイナーの A.M.です。


皆様、最近夜空を見上げていますか?

私は数年前に友達とのキャンプで見た流れ星の感動が忘れられず、
夏の時期に、三大流星群のひとつである「ペルセウス座流星群」を
観測するのが毎年恒例になっています。

「ペルセウス座流星群」は「しぶんぎ座流星群」「ふたご座流星群」と並ぶ三大流星群のひとつ。
条件がよい時には、1時間に80個以上の流れ星を観測することができます。
他の二つの流星群の見頃は冬の時期なのですが、ペルセウス座流星群は夏の時期。
気温をあまり気にせずに観測できてオススメです。

2020年の極大(いちばん多く観測できる日)は8月12日の夜、
長野県は生憎の曇り空だったので、13日の夜に観測してきました。

観測といっても、家から車で30分程度の場所。
少し街から離れるだけで写真のような星空を楽しめるのは、
標高が高い長野県に住んでいる特権だなと感じました。

約2時間の観測で、30個ほどの流れ星を見ることができました。
それぞれ流れる位置も、方向も、大きさも違って、毎回新鮮な感動があります。
自粛でどこにも遊びに行けずに過ごした夏、荒んだ心が洗われました。

たまには、こうやって星空を眺めて
のんびり何も考えずに過ごす時間も大切だなぁ