Blog

ブログ

HOME > Blog > すきなものをながめて

2021
03.04

すきなものをながめて

AICSサテライトオフィス webデザイナーのHです。


音楽はサブスクで聴くのが当たり前になった世の中で、私はCDを買って聴くのがまだまだ好きな人です。
サブスクの音楽配信サービスはとても便利で、今まで絶対に聴かなかったような曲でも手軽に出会えて聴けるので、とても重宝しています。


それでも、好きなアーティストのCDは必ず買ってしまうものです。
CDの売上が年々減少傾向にあるなか、手軽にスマホで曲が聴ける世の中で、わざわざCDを買う理由。


それは、物理的に手に取って装丁を見ることで、アルバムや曲そのものの背景にある「物語や想い」を感じたいからです。
あくまで曲が主役なので、多くを語ることはないのですが、ひとつひとつに意味が込められたデザイン。
それを見ることで、曲について考察するヒントを得られ、より曲に入り込める気がします。
特に好きなことは、歌詞カードをわざわざ開き、読みながら曲を聴くこと。
スマホの画面もいいですが、印刷された文字を見ながら、紙の手触りを感じながら聴くと、どんどん曲の世界に潜り込んでいけるような気がします。


とはいえなかなか、毎回CDを取り出して聴くということもやらなくなりました。
最近では好きなアーティストがレコード盤でもアルバムを出し、物珍しさとコレクター癖もあって購入しました。
レコード盤を手にするのは初めてです。あいにく聴くための機械がないのですが。


棚に眠らせておくのももったいないと思い、何にもなかった真っ白な自宅の壁に、お気に入りのCDたちを飾りました。
在宅ワークにも慣れてきたこの頃、お気に入りのCDたちに見守られながら仕事ができるのは、とっても気分が良いものです。
ジャケットを見ることで、自然と曲が脳内再生されます。


しかしこのままだとレコードは再生されることなく眠ったまま。一度は聴いて音質の差を感じたいので、次はレコードプレーヤーを買ってこようと思案中。
いつかCDも廃れてしまうのかと思うとさみしいですが、これからもわざわざCDを買って聴くことはやめないと思います。