Blog

ブログ

HOME > Blog > いつになったらおいしいコーヒーを淹れられるのか

2021
09.02

いつになったらおいしいコーヒーを淹れられるのか

数年前、会社の近くにあったコーヒー店で1杯のテイクアウトを飲んだとき、
コーヒーのおいしさに気づかされた東京支社のA.Y.です。
それ以来、自分でコーヒーを淹れるようになりました。


最初は手動のミルを購入し、フィルターは基本的なペーパーで、プラスチックのドリッパーを使っていました。
しばらくして、いろいろと試したくなり、違う形のペーパーフィルターを使いはじめると、
ドリッパーも、金属製、陶器製、ガラス製と増えていきました。
金属製ドリッパーはペーパーフィルターが必要ないので経済的です。


時間計測ができるコーヒースケールも購入し、豆の量や抽出時間もしっかり確認しながら淹れるコーヒー。
なぜか、そんなにおいしくありません。
淹れ方がかなりヘタなんでしょうね。
でも気にしないで、おいしいコーヒーを求めて淹れ続けています。


豆は、会社の近くの専門店で購入することが多いのですが、
自宅周辺にも豆を販売するショップが数店あるので、そちらも利用してみようと考えています。


今後は、ペーパーフィルターを使わないフレンチプレスやアメリカンプレスを使ってみるか。
さらには、家庭用焙煎機の購入か。もう、豆から栽培するか。
コーヒー人生には、悩みが尽きません。