Blog

ブログ

HOME > Blog > 心に春と栄養を

2020
04.22

心に春と栄養を

長野本社 総務部の Tです。


今年は時節柄、お花見も満足にできませんが、会社の目の前にある公園の桜も満開になりました。
快晴の日も増え、ほっと一息お花見気分を味わえます。


ですが、私は近ごろ気分が晴れません。
舞台やイベント、映画などのあらゆる娯楽が中止・延期となっている昨今。
楽しみにしていた新ドラマも、最新話を読まないと一週間が始まらない漫画の週刊誌も延期になってしまい......。
こうした娯楽を糧にして生きているので、なんだかやる気も一緒に削がれていくような......。
せっかく家にいるのだから、普段は滅多にしない細かいところの掃除とか、模様替えとかをすればいいとは思うのですが、
体を動かそうにも、どうにも気力がわいてきません。
運動不足で、良くないとは分かっているのですが。

観たいドラマも観れず、読みたい漫画も読めず、大好きなカフェ巡りもユニクロにも行けない...!
あぁもう、手近なところでストレス発散したい!


......そうだ、靴を磨こう!
よく躓くせいで、つま先がボロボロになっていた皮のブーツが、ずっと気がかりだったんだ!
とうとう、やる気の神が降りてきました。


まずはブラシでホコリを払って、クリームをつけた布で汚れを落とし、少し時間を置いてから拭き取り、
またクリームをまんべんなく広げ、それをブラシで馴染ませて、最後にクロスで磨く。
という前段階を踏んで、ようやく皮が剥げた部分に色付きのクリームで着色します。
が、ブーツと同じ色のクリームがないので、手持ちの茶色を塗って、その上に黒をムラなく広げるのを、地色に馴染むまで繰り返します。
これがまぁ手間のかかるもので、何回かある「クリームが乾くの待ち」の時間中に他の皮小物も気になってきて手を出してしまうものだから、
あっという間に時間が過ぎていきました。


出来上がりは粗が見えるところもありますが、作業が終わる頃には心がリセットされたようにスッキリしました。
心が空っぽになったら、なおさら"楽しいこと"を吸収したくなってきたので、視点を変えて"今だから楽しめる娯楽"を見つけていこうと思います。