Blog

ブログ

HOME > Blog > おいしく貢献

2020
05.14

おいしく貢献

AICSサテライトオフィスの H. A.です。


GWをはさんでの在宅勤務も、そろそろ3週間が経とうとしています。
一人暮らしというのもあり、必要な買い物と仕事での外出以外は、ほとんど人と話さず...。


元々インドアだったので、はじめは大丈夫だろうと思っていました。
自宅で好きなアーティストのDVDを見たり、Youtubeで生配信される無観客ライブを見て投げ銭して音源を買ったり。
または、友人と流行りのオンライン飲み会をしたり。実家にも帰れなかったので、時々電話で様子を確認し合ったりしていました。


しかし、GWも終わる頃にはさすがにネタも尽き始め、少々憂鬱な気持ちも芽生え始めていました。
「これはまずい、どうにか気分転換を...」そう思っているとき、ふとSNSで見た"牛乳とヨーグルトで作るラッシーのレシピ"を思い出しました。


この時勢の影響で需要が減少していた牛乳などの乳製品の消費拡大を図るために、農林水産省が推進していた「プラスワンプロジェクト」の一貫で、全農広報部さんの公式Twitterが紹介していたレシピです。紹介された当時はかなり話題になっていました。
レシピはとても簡単で、


●ヨーグルト200g
●牛乳200ml
●砂糖大さじ2


これらをよく混ぜるだけで出来てしまいます。
またアレンジで、レモン汁をすこし入れたり、好きな果物を入れたりと、色々バリエーションがありました。


私は普段まったく牛乳は買わず、豆乳を飲んでいました。というのも、牛乳そのままを飲むのが昔から苦手だったので...。
しかし、これなら美味しく飲めそうだし、普段からヨーグルトは食べていたので気軽に貢献できそうだ!と思い、さっそく牛乳を買って朝食で試しに作ることに。


アレンジレシピは画像の通り。それらを豪快にボトルに入れ、ひたすらシェイクして完成。
味は...けっこう美味しい!レモンなどの柑橘類を入れたことで、さっぱりごくごく飲めました。


それからというもの、ほぼ毎日の朝食として、簡単ラッシーをつくっていました。
おかげで、1週間に2本くらいのペースで購入することになり、美味しく楽しく貢献できたかなと思っています。
こんな風に工夫して、今後も日々楽しく過ごして乗り切っていきたいです。